FC2ブログ
東京お勧めレストランガイド
東京で何気なく普通に生活してて、ちょっとした感動を頂いたレストランを紹介していきます。ただ、庶民の視点なので、その点だけはご了承ください。(^^)
最新の記事

カテゴリー

カウンタ(仮)


最近のコメント

最近のトラックバック

ふじりこ


最近の装備一覧


Canon IXY DIGITAL L3(ブラッドレッド) IXYDL3(RE)

遂に購入!!!かっこいい!
IXY DIGITAL L3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

過去ログ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八十二回 鳥よし@銀座
鳥よし@銀座 銀座駅から10分
TEL:03-5537-3222
Address:東京都中央区銀座7丁目2-115 銀座コリドー街 1F
ディナーで伺いました。<map>



今年もビールの美味しい季節がすぐそこまで迫ってきております。
ということで今回はビールに合うお食事をばご紹介させて頂ければ。
と前置きを書いたところで気づいてしまいました。

このお店はビールを飲まなくても充分美味しいお店だということを。
というわけで本日は絶品の焼き鳥を頂ける鳥よしさんのご紹介です。

鳥さんはホント偉い食べ物なわけで、部位によって全く味わいが違うわけで。
焼き鳥はそれを正しい形で示している食べ物なわけで。
そうなんです、焼き鳥こそ、それをしっかりわからせてくれる究極の食べ物なんです。

そんな焼き鳥を最高の形で楽しめるお店がここ、鳥よしです。
普段なじみのないちょうちん(卵巣)やぽん、背肝、血肝にはつなど、普段なじみのない
部位まで美味しく味わえる。そして〆のご飯ものと言ったらもう。。。
この先はご自分でお確かめくださいませ。

加えて銀座で一人7000円くらいのリーズナブルさは感涙ものです。
ん~、こういうお店の常連さんになるのも銀座の通の第一歩なのかなと
勝手に思ったりいたしました。

中目黒に本店、六本木に姉妹店ありです。

ふじりこm(_ _)m


スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

第五十九回 築地 ふく竹本店@築地
築地 ふく竹本店@築地 東銀座駅から5分
TEL:03-3545-1230
Address:東京都中央区築地4-2-7 フェニックス東銀座B1F
ディナーで伺いました。<map>


モツ鍋企画第二弾。モツ鍋のスペシャリストになるべく、美味しいと
紹介されたお店にはとりあえず行ってみようかと。
というわけで笑楽に続き、モツ鍋マスターへの道を歩んでおります。

今回もモツ鍋先駆者に連れられてのお店訪問。
大通りから少し入ったところで、さらに地下に入ったところと
いうことで方向音痴の方は地図をお忘れなく。

まず、頼んだのは、サイドメニューであるお刺身や煮魚、サラダ等を
注文させていただきました。
九州のノドグロやアラをお手軽なお値段で頂きました。
んー、普段食べることのないお魚なので、始めは興味本位でしたが、
実際にホント美味しい。福岡や九州にお住まいの人には嫉妬です。

その後お待ちかねのお鍋に。
こちらのモツ鍋は色々な種類のお鍋があって選ぶ楽しさがありますね。
しょう油、味噌、ぴり辛や甘辛、すき焼き、ねぎごまの中から
お味噌を選択。ほんのり味噌味のなかに臭みのないモツがざっくりと。
やっぱりモツ鍋って美味しいですね。美容にもよいってことです。

最後の〆はおじやかおうどんと思っていたのですが、ペース配分の
失敗で食べきれず。んー、残念。次回に持越しですね。

というわけでちょっと不思議な白いコーヒーアイスで代わりに〆。

満腹、満足って幹事でした。

皆様、やっぱりキーワードはI LOVE 福岡です。

ふじりこm(__)m

fukutake59-01
地魚はしっかりした味で、お刺身が好きな人は是非。

fukutake01-02
モツ鍋だけでなく、サイドメニューの
充実具合がここの持ち味ですね。


fukutake01-03
我慢しきれず、写真前に食べちゃって・・・。食べかけ。(笑)

fukutake01-04
白いのにコーヒー味。美味しかったですよ。


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

第五十六回 半文居@銀座
半文居@銀座 銀座駅から5分
TEL:03-5524-0428
Address:中央区銀座3-4-1
ディナーで伺いました。<map>


今回は写真が全く撮れていません。
というか、入り口の写真が二枚で、お食事の写真が一枚って・・・。

お店の方、すいません。常連の方、すみません。ファンの方、すいません。
これも全て私の不徳が致すところです。

写真でもわかるように、お店の入り口はびっくりするくらい今時の銀座っぽくない感じです。銀座でも少し裏街道ってところでしょうか?
ただ、ドアを開けて中に入ると全くの別世界が広がります。

優しさを感じさせてくれるフランス片田舎の小さなレストラン。
それは黒板に白いチョークで書かれた手作りのメニューや、温かみのある暖色系の光具合、
清潔感のあるお店の作り、そしてシェフの人柄。
そういったところから生まれている優しい雰囲気なんでしょうね。

もちろん、そこで出されるお料理も優しさに溢れた、素朴な、でも深みがある。
そんなお料理です。

実はこの時ハウスワインのデキャンタで頂いたのですが、非常に美味しかったです。
というわけで、やっぱり酔っ払いました。

写真が撮れなかったのは実はそれが原因だったりして・・・。
充実の写真は次回こそ必ず!

注)場所が奥まっているため、携帯が入りません。
  あと、クレジットカードは使えないのもご注意を。

hanbunko01.jpg
入り口の写真その①

hanbunko02.jpg
入り口の写真その②

hanbunko03.jpg
お料理の写真その①
やっぱり酔ってますね(笑)

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

第四十六回 鳥繁@銀座 その2
鳥繁@銀座 銀座駅から5分
TEL:03-3571-8372
Address:中央区銀座5-9-15
ディナーで伺いました。<map>


ひさびさに訪れました。

ここの伝統と格式には本当に頭が下がります。

カウンターで待ち構えて、まずはお通し。
竹の子はいい感じの味わいがほんのりノスタルジーを運んでくれます。

頼んだのは鴨ロースセット。

塩のロースと手羽先、そして銀杏。
手羽先の塩加減が絶妙です。

その後阿波尾鳥焼、つくねをたれで。
つくねの柔らかさと歯ごたえはやっぱり鳥繁でした。

そして、最後に合鴨と肝を頂きました。
(もしかして順番間違っていたらすいません。)

そして最後にドライカレー。

その長い伝統で培われた秘伝の味わいは素晴らしく、
見事です。

それにしても、ドライカレーに行き着いた歴史をご存知の方、
知っていたらご連絡モトムです。

ふじりこm(__)m
番外編 第二回 サティー@銀座三越
番外編 第二回 サティー@銀座三越

久しぶりの番外編です。

この前のバレンタインに頂いたチョコなんですが、
今までで一番かなとその時思ったので、ここに
載せさせて頂きます。

甘さが僕に合ってたという感じなんですかね。
とっても滑らかで、名店の味という感じ。

さらにお値段もそんなにお高くなく。
ホワイトデーにいかがでしょう、男性の皆様。

銀座三越だけでなく、日本橋三越、栄三越にも
店舗が存在するとのことなので、是非ご確認を。

サティー

テーマ:ショコラ(チョコレート) - ジャンル:グルメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。